クオルテックの
AI画像検査プラットフォーム

Qualapなら、はんだ接合部のボイドの検出をAIが自動で行い、検査の結果をグループ内ですばやく共有することができ、検査時間を大幅に短縮することができます。今なら無料トライアル実施中です。

無料トライアル

検査を人手に頼っていませんか?

はんだ接合部の検査の現場では、ボイドやクラックを人手で一つ一つ検査している場合が少なりありません。


従来のソフトに満足してますか?

ボイドの陰影が異なっていて、従来のソフトを用いた閾値による2値化処理では、一度に自動検出できず使い物になりませんでした。


Qualapなら、検査AIが高精度に不具合を自動検出します!

Deep Learningの技術を用いることにより、従来のソフトでは自動検出できなかったボイドを高精度に自動検出することが可能になりました。

処理前
処理後

無料トライアル

X線画像のボイド自動検出

お客様の様々な部品に対しても、X線画像から高精度にボイドを検出することが可能です。

1. 検査時間を大幅短縮

AIの高精度な検出性能により、従来の人手による検査時間(1枚あたり)と比較して、約67%の時間短縮(当社調べ)

2. 誰でも簡単に使える

画像解析の専門知識は不要.初めてでも使いやすい.


解析したい画像をアップロード

AIが自動検出、自動測定

レポート出力して、解析完了


3. AIが解析ノウハウを学習

クオルテックが長年積み重ねてきた解析データを元にAIを開発。アプリを使えば使うほど、検出性能が高まっていきます。

多彩なアプリを用意

はんだ接合部の不具合を検査するアプリを多数用意

VoidRoid

ボイド率を測定

Cracker

クラック率を測定

Custer

合金層の厚みを測定

RasFee

はんだ組織サイズを測定

無料トライアル

Mate2021
「オンライン出展」
(株)クオルテック
実装フェスタ関西2020
「深層学習を用いた X 線画像からのボイド自動検出システムの開発」
(株)クオルテック 植木竜佑
Mate2020
「深層学習を用いたX 線画像からのボイド自動検出システムの開発」
(株)クオルテック 村上寛 植木竜佑 長谷川将司 高橋政典
実装技術2020年5月号
「深層学習を用いたX 線画像からのボイド自動検出システムの開発」
(株)クオルテック 植木竜佑